本文へ移動

箱崎教室のご案内

能楽体験講座「箱崎教室」

 ☆九州福岡市で毎年恒例となった「箱崎教室」

2019年後期参加者の募集開始!

   
 主催:能楽体験講座「箱崎教室」実行委員会、(一財)観世文庫
 特別協力:筥崎宮、白金能楽堂

後援:福岡市、(公財)福岡市文化芸術振興財団


能楽体験講座「箱崎教室」の参加者募集を開始致しました。
内容は、能「箱崎」や能「唐船」の一部の謡と仕舞を習います。
教室の開催日及び参加費は以下の通りです。

2019年後期(第30期): 10月〜3月(全10回+発表会)

 10/29(火) 11/29(火) 12/4(水) 12/16(月)2020.1/7(火)

 1/20(月) 2/7(金) 2/17(月) 3/11(水) 3/27(金) 

2020年3月29日に、白金能楽堂にて発表会を開催予定
 ※諸事情によりお稽古日が変更になる場合があります。

 

 

■ 時間: こどもの部(小・中学生)   17301830

     一般の部(高校・大学生・一般)19002030

 

  会場:後期=白金能楽堂(福岡市中央区白金1-18-16)


  参加費:●こどもの部:無 料
      ●一般の部:参加費 25,000円(消費税込み)
 
      ※高校生・大学生は参加費無料(学生証の提示が必要です)

     ※一般の部は、謡本「竹生島」を購入していただきます(税込2,500円)

  講師:観世流シテ方 坂口貴信 他

■  お稽古:こどもの部 能「猩々(しょうじょう)」の謡と仕舞
       一般の部      能「竹生島(ちくぶしま)」の謡、能「唐船(とうせん)」の仕舞
初心者でも分かりやすいように「謡」から「仕舞」までを学んでいただき、成果を披露する発表会を行います。 
※「謡(うたい)」
能の声楽部分の称。能では曲節を伴う部分と、せりふに相当する言葉の部分を合わせて謡(うたい)と称する。
※「仕舞(しまい)」
面・装束をつけず、仕舞扇を用いて一定の見せ所だけを舞うこと。
 
□受講される方に持参していただくもの  
・白足袋(着物着用の必要はありません)
・筆記用具(また、自習用に録音機器などをご持参いただいても構いません)


<お問い合わせ>
能楽体験講座「箱崎」実行委員会 TEL092-725-1170 FAX092-725-1210                

箱崎教室のチラシと申込書

坂口貴信のブログ

筥崎宮のホームページ

TOPへ戻る