理事長 観世清和

観世 清和

二十六世観世宗家
観世 清和(かんぜ きよかず) 
――――――――――――――――――――
昭和34年東京生まれ 
父は25世宗家 観世左近(元正)
平成2年 家元継承
室町時代の観阿弥、世阿弥の流れを汲む観世流の26世宗家として、
現代の能楽界を牽引する。
国内公演はもとより、フランス、
インド、タイ、中国、アメリカ、
ドイツ、ポーランド、リトアニアなどの海外公演、及び「箱崎」などの復曲、「利休」をはじめとする新作能にも意欲的に取り組み、2012年にはキリシタン能「聖パウロの回心」を初演した。
※※※※※※※※※※※※※※※※※
芸術選奨文部大臣新人賞受賞。
フランス文化芸術勲章シュバリエ受章。
平成24年度(第63回)芸術選奨文部科学大臣賞受賞。
平成25年「第33回伝統文化ポーラ賞」大賞受賞。
平成27年「紫綬褒章」受章。
重要無形文化財「能楽」(総合認定)保持者。
(一財)観世文庫 理事長
社)観世会 理事長
社)日本能楽会 常務理事

著書に「一期初心」(淡交社)、新訳「風姿花伝」(PHP)、「能はこんなに面白い!」(内田樹氏との共著/小学館)などがある。